vineyard

兎ッ兎ワイナリーでは環境に配慮した3つの取り組みを行っています

1.草生栽培(除草剤を用いず雑草を刈ることで、圃場に有機物を供給する)

2.天然成分由来の資材を使い、できる限り化学成分を減らす

3.パワーシフトによる再生可能エネルギーの使用

ワイン造りの主役はぶどうであり、世話をする人間は黒子のような存在です。

国府の地理気候、風土に適したぶどう栽培ができるように、日々努力をしていきます。