• totto winery

兎ッ兎ワイナリー 新商品発売のご案内「グルナッシュブラッシュ2021」「シラーブラッシュ2021」

更新日:3月30日


赤ワイン用のぶどうのフリーラン果汁を“白ワイン仕立て”で醸造したブラッシュワイン

「グルナッシュブラッシュ2021」「シラーブラッシュ2021」

2022年2月2日(水)新発売(数量限定)



 

「グルナッシュブラッシュ2021」「シラーブラッシュ2021」


 株式会社兎ッ兎(鳥取県鳥取市/代表:前岡美華子)が運営する兎ッ兎ワイナリーは、ブラッシュワイン「グルナッシュブラッシュ2021」と「シラーブラッシュ2021」の2品種を、2月2日(火)から兎ッ兎ワイナリー内の直売店及びオンラインショップで、数量限定発売しました。


 兎ッ兎ワイナリーが造る「ブラッシュワイン」は、赤ワイン用ぶどうのフリーラン果汁(果皮がついたままの果実を搾る工程の前に、重力によって自然にしたたり落ちる果汁)で白ワインを造る工程を経て醸造した、“白ワイン仕立て”によるほんのり果皮の色を纏っているナチュラルカラーのワインです。


 海外のワイナリーではアルゼンチンの代表品種であるマルベックや、チリの代表品種であるカルメネールといった赤ワイン用のぶどう品種を使って造った白ワインも発売され始めています。


 日常的に様々なワインを飲み親しんでいる国内の成熟した日本ワインユーザーにむけて、「家で飲むワインをもっと楽しみたい」「他にないワインを飲みたい」「家で飲むお酒のマンネリ化を防ぎたい」というニーズにお応えするために、弊社が自信をもってブラッシュワインをお届けいたします。


 ブラッシュワインは、ぶどう果汁のほんの僅かの量で醸造するもので、極めて少数の生産数となることから数量限定発売となります。


 ブラッシュワインならではの、爽やかでフルーティーな香りと、すっきりとした口あたりを、食中や食後にぜひお楽しみください。


■ 中味特徴について

醗酵温度を低温に維持することにより、フレッシュなぶどうの果実味をしっかり残したままワインにしています。それにより、フルーティーな香りとぶどうの果実味あふれる味わい、そして、すっきりとした飲みやすい口あたりの三位一体となった、“フルーティーなのにドライ”な白ワインに仕上げています。


■ パッケージデザインについて

 兎ッ兎ワイナリーは、鳥取のワインを皆様の元に心を込めてお届けしたいという信念で ぶどう自家栽培、ワイン醸造を行っています。ラベルデザインは、ブドウの蔓が兎を囲むように皆様の「心」を大きな「ハート」として表現しました。

 また、ブラッシュワイン「グルナッシュブラッシュ2021」と「シラーブラッシュ2021」の2品種のラベルは、それぞれ色鮮やかな色合いに仕立て、新鮮な果実を表現しています。


 〇ラベルデザイン原画:型染め作家 山口邦子氏 作

 この画作は、鳥取市在住の山口氏が数か月にわたり、何度もワイナリーを訪れ、私たちの想いや風景を五感で感じ、それを独自の世界観で表現したものです。


 〇デザイナー     :ココアートデザイン 松田信和氏 作

 木工作家でもある鳥取市在住の松田氏が、山口氏の画作を弊社ワインラベルに仕上げたものです。


■ 商品概要

  商品名:グルナッシュブラッシュ2021

  色:ナチュラルホワイト

  タイプ:やや辛口

  容量:375ml

  アルコール度数:12%

  販売数:40本

  価格:¥2200(税込)


  商品名:シラーブラッシュ2021

  色:ナチュラルホワイト

  タイプ:やや辛口

  容量:375ml

  アルコール度数:11.5%

  販売数:50本

  価格:¥2200(税込)


兎ッ兎ワイナリー新商品発売のご案内(シラーブラッシュ2021・グルナッシュブラッシュ2021)
.pdf
Download PDF • 670KB

閲覧数:2回0件のコメント