top of page
  • totto winery

2022年12月12日(月)兎ッ兎ワイナリーのフラッグシップワインを発売!


「ヤマソービニオン2022」



「ヤマブラン2022」



「ヤマソービニオンブラッシュ2022」



株式会社兎ッ兎(鳥取県鳥取市国府町)が運営する兎ッ兎ワイナリーは、フラッグシップワイン3種(「ヤマソービニオン2022」、「ヤマブラン2022」、「ヤマソービニオンブラッシュ2022」)を12月12日(月)から、兎ッ兎ワイナリー内の直売店及びオンラインショップで発売します。


■ ヤマソービニオン2022

「ヤマソービニオン」は、日本の気候風土への適応性と耐病性の付加を目的として、1990年に山梨大学が開発した、母親に日本の土着品種である「ヤマブドウ」、父親に欧州品種の「カベルネソーヴィニヨン」を持つ黒ブドウ品種です。創業当初の2007年、“鳥取市国府町麻生の地で悠々とブドウが育ってこそこの地のテロワールを体現することができる”として日本品種であるこの品種の栽培に着手しました。以来、兎ッ兎ワイナリーを代表する赤ワインとして人気を呼び、1年持たずに完売する商品となっています。2022年の今年は遅霜の被害も受けず、栽培期の好天にも恵まれ、樹齢15年を迎えたブドウ樹からは凝縮した過去最高の果実ができました。自社畑で悠々と育った「ヤマソービニオン」は、チェリー系の甘い果実の香りにヤマブドウ由来の心地よい酸が魅力のワインです。


色:明るい赤色

タイプ:辛口赤ワイン

容量:750ml

アルコール度数:11.5%

製造本数:700本

価格:¥3,300(税込)

ヤマソービニオン2022 | 兎ッ兎ワイナリー (stores.jp)


■ ヤマブラン2022

「ヤマブラン」は、山梨大学の山川教授が創出されたブドウ品種で、黒ブドウの「ピノノワール」に、「ヤマブドウ」と「ピノノワール」を交配したブドウを交配させできた、75%「ピノノワール」の血を引く白ワイン用ブドウ品種です。自社では、現代表がその味に一目惚れをしたことを機に2007年から栽培に着手しました。

鳥取市国府町の自社圃場において、露地で栽培を重ね今年で15年になりました。国内で栽培例がほとんどなく、手探りでその特性を探りながら栽培しています。低温醗酵で丁寧に醸造し、亜硫酸塩の添加をできる限り抑えた製法で醸造しています。今では全国のワイナリーやブドウ栽培農家から、「ヤマブラン」についての問い合わせが多く寄せられていますが、それは当ワイナリーの「ヤマブラン」ワインが高評価を得ている証です。ワインに仕立てたとき、「ヤマブドウ」ならではの強い酸に「ピノノワール」から受け継がれた華やかな香りと繊細な味わいが印象的です。自社畑で悠々と育った「ヤマブラン」は、スッと抜けるはちみつの香りにしなやかな酸とフルーツの熟度を感じる口あたりが魅力のワインです。


色:緑がかった黄色

タイプ:辛口白ワイン

容量:750ml

アルコール度数:11.5%

製造本数:810本

価格:¥3,520(税込)

ヤマブラン2022 | 兎ッ兎ワイナリー (stores.jp)


■ ヤマソービニオンブラッシュ2022

 ブラッシュワインとは、赤ワイン用ブドウ品種で製造した白ワインのことを言います。こちらは、「ヤマソービニオン」のフリーラン果汁だけを贅沢に使用し、白ワイン仕立てで醸造しました。当ワイナリーの中で、最も栽培歴が長く、その特性を知っているからこそ造り得た「ヤマソービニオンブラッシュ」は、甘い香りにボリュームのあるドライな口あたりでシャープな酸味が心地よいワインです。


色:琥珀色

タイプ:辛口白ワイン

容量:750ml

アルコール度数:11.5%

製造本数:160

価格:¥3,850

ヤマソービニオン ブラッシュ 2022 | 兎ッ兎ワイナリー (stores.jp)

閲覧数:78回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page